パラオ2日目 コロール、ペリリュー

 パラオでは離島に行きたいと10日の日程を組んでいる。残念ながら、一番行きたかったアンガウル島は定期船が2週間に1便と減便されていた上に船が故障とかで、断念。もうひとつ定期船のあるペリリュー島に行くことにした。ペリリューには週に2便、月曜と金曜に船が出ている。帰りは、日曜と木曜。出国のフライトが来週火曜の夜なので、定期船で往復するなら、遅くとも次の日曜の船で帰って来ないといけない。気に入れば1週間滞在したいので、まだコロールは何も見ていないが、今日(月曜)の船に乗ることに決める。
 船は14時出港だが、ホストの都合で9時に家を出て、港へ。しかし、5時間も港で過ごすのはもったいない。すぐ近くにもともと行くつもりだったアイスボックスパークがあったので、そこでのんびりすることにした。ここはコロール近辺で唯一シュノーケリングが良いとされる公共の海だ。しかし、問題が・・・、昨日の漁で私の全身は日焼けで悲惨な状態になっているのだ。公園まで頑張って来たものの、炎天下で泳ぐなんてとんでもない。風通しの良い休憩所でのんびり景色を眺める他はなし。
 コロールからペリリュー島には船で2時間半ほど。着いた時間はまだまだ日差しが強く、港から町まで歩く短時間でも日差しが辛かった。この島は第2次世界大戦で多くの日本人が命を失った激戦の地。港の近くにはいくつもの遺構が残っている。
日本領時代のリン鉱石積み出し用波止場
 町に着いて最初に見た宿は1拍65$。もう少し安い宿があるという情報だったので、さらに探すがどこもダイバーでいっぱい。やっと50$の宿で空きを見つけたが、内容が値段に伴わない。結局、最初に見た宿に戻ってチェックインした。この宿の部屋は広くて新しい。エアコンや冷蔵庫、ちゃんとお湯の出るシャワー室も部屋に付いている。おまけに共同キッチンがあり、きれいだ。週末は埋まっており、次の船で帰るか宿を動くかしなければならないが、まずは良い宿が見つかって一安心である。
 日焼けの皮膚が痛く、せっかくのお湯シャワーが浴びられないのは残念だが、エアコンの効いた部屋で体を休めるには最高である。その土地の文化を深く知るにはホームステイが最適だが、悪環境のところで気を遣いながら長く過ごすとどうしても疲れは溜まる。この宿はちょうど良い休息の場となるのである。