パラオ最終日 コロール(アラケベサン島、ダウンタウン)

 パラオ最後の日、といってもフライトは明日の午前2時半、まだ丸一日あるのだ。午前中はのんびりした後、早めの昼食をとり、ヒッチハイクで街に出た。
 コロールの街から遠い場所に滞在したために、コロールの街へ出るのは4日振り。まずはローカルなショップへ入る。今日は色々な店を見て、できればパラオらしい土産が買いたい。しかし、パラオで店に並ぶものは大半が輸入品。土産になるものが少ないので探すのが大変だ。最初の店でタロイモ焼酎を見つけた。土産用でなくローカル用なので、すぐに壊れそうなペットボトルに入っているのが難点だが、これならパラオらしく良い感じ。もしバッグがスーツケースなら決まりだが、バックパックだから・・・。この後、公園でローカルフードを見たり、太平洋戦争時代の日本の戦車を見たり、天理教の碑を見たりと観光をしつつ、最後は最大の土産物屋であるWCTCへ。しかし、これといった土産はなく、ベンチで座り込んでしばらく考える。結果、人に渡すために買った土産は、タロイモ焼酎とドライフルーツ(これはフィリピン産)。パッキングが大変になるが仕方ない。
放置された旧日本軍の戦車
 戻りもヒッチハイク。夜中のフライトに備え、少し横になった後は、パッキング。そして、ホストファミリーといろいろ話をし、最後の魚ディナー。毎日毎日獲れたての魚をいただき、本当にありがたかった。
 日の変わる0時頃に出発し、空港へ。飛行機はまたしても少し遅れた。