ヤップ最終日 ウォロウォ、オールドエアポート、ギルフィス、マキイ、ビチャル、トルー、空港

 ヤップ最終日の今日は、パラオのホームステイ先の人から紹介されたジョーと会うことになっている。数日前、オカウ村からの帰り道でヒッチハイクした時に偶然拾ってくれたのがジョー。お宅にまでお邪魔したシニアボランティアのTさんの同僚であり、我々のホストであるレイモンドとも知り合いで家にも来たことがあるという。人口が少なくて社会が狭いこともあるが、偶然にもほどがあるだろうということになり、最終日の今日会うことになったのだ。
 10時頃迎えに来てくれたジョーの車でまず向かったのはオールドエアポート。ジョーの村でゆっくり話をと思っていたが、ジョーはどうせなら島案内をしようと考えてくれたらしい。オールドエアポートは日本領時代に日本が整備した空港で、周辺のジャングルには第2次世界大戦時に墜落したゼロ戦が無数にあるという。そうしたゼロ戦の1つを見学した後、ジョーの村であるギルフィスへ。チーフの家にお邪魔し、またたくさんの石貨を見せていただいた。またジョーの孫が庭にあるローカルな薬草を色々教えてくれ、伝統文化の奥深さを知る。
ジャングルに放置されたゼロ戦
 そして、ジョーファミリーのプライベートビーチ。昨日見たビーチよりずっときれいだったが、今日はそんな予定はなかったので水着やシュノーケルの用意がなく残念。
 この後、ドイツ領時代に掘られたという水路を渡ってトミルガギル島へ。最終日になってやっとヤップ島から出たことになる。ここで訪れたのは旧日本人学校跡、セメントの門や建物の土台が森の中に残っているだけで、特に看板はなく、案内してもらわなければ分からなかった。昔はここに日本人だけでなくヤップ人も通い、多くのヤップ人が日本語を話すようになっていたそう。日本人学校の敷地のそばには新しく立派な集会所。これは伝統様式で立てられた見応えのあるものだ。ここにも2つ穴の石貨があった。2つ穴のある石貨は本当に珍しく、昨日ンガリ村で案内してくれたK君には、2つ穴の石貨はヤップに1つか2つしかないと聞いていた。我々は、2日で2つ穴の石貨が2つあることを確認し、それを2日で見てしまったということになる。
 最後に向かったのが、マープ島。この3島は橋で結ばれているので車で簡単に行けるのだ。主要4島の内、ルムング島のみ橋がなく、船が必要となっている。そのルムング島を遠望した後、トルー村を訪れた。ここの石貨銀行や男の家も見応えがあったが、ここで貴重なのは女の家である。昔は各集落にあり、生理中の女性などが過ごした場所だが、今はほとんど残っていないものなのだ。
 15時頃、ウォロウォに戻った。深夜のフライトに備えて昼寝をした後、夕食を戴き、出発まで家族と話をする。22時半に出発し、空港へ。2度あることは3度ある、今回も飛行機は遅れた。店の1つもない小さな空港、X線設備もなく、手荷物はもちろん、預け荷物も開いて人間がチェックする。当然時間はかかるが、客はそう多くなく、混乱はない。乗客も南の島で過ごした人ばかりなので誰もフライトの遅れなど気にしていない様子、のんびりしたものである。